法人会とは
浦和法人会
活動案内
入会のお勧め
青年部 女性部
法人会だより
税務署からのお知らせ
情報公開
リンク集
事務局への案内図
浦和法人会の管内概況
 当法人会は、東京都に近接する埼玉県東南部一帯の人口過密地帯にあり、さいたま市の旧浦和市と旧与野市である浦和区・桜区・南区・緑区・中央区を所轄する浦和税務署管内の法人で構成されている。
 管内の総人口583千人、世帯数238千世帯、面積79km2、法人数10,565社を数える。
 市域は、江戸時代には浦和宿をはじめ56宿村に分かれており、中央は幕府の直轄地(天領)であった。中山道は江戸と京都を結ぶ重要な道路として整備され、浦和は宿駅とされて本陣や問屋がおかれた。
明治に入り埼玉県の設置以来、県庁所在地として流入人口も多かったが、特に大正12年9月1日の関東大震災以後、東京方面から多数の人々が移住し、都市化が急速に進んだ。近年は都心から28km圏内という地の利を得て、東京のベットタウンとして発展しているが、特に埼京線の開通、新木場乗り入れとともに都心への時間が大幅に短縮されて、武蔵浦和駅周辺等沿線各地区は再開発が進展している。また、浦和駅の改装や浦和駅東口の再開発事業も動き出しており、駅周辺は、大きな変貌を遂げようとしている。「彩の国さいたま」の象徴ともいえるさいたま新都心は、関東甲信越静地方を管轄する国の行政機関による広域的な行政機能と、高次の業務・商業・文化機能の集積により首都機能の一翼を担っている。
2001年5月には“行政の浦和、経済の大宮、芸術文化の与野”が合併により「さいたま市」が誕生し、2003年4月に政令指定都市に移行した。
社団法人 浦和法人会 歴代会長

初代会長
長島 恭助氏
(S.26.7.12〜S.57.5.25)第2代会長
大木恒四郎氏
(S.57.5.26〜S.62.5.17)第3代会長
伊地知重威氏
(S.62.5.18〜H.9.5.20)第4代会長
吉野 重彦氏
(H.9.5.21〜H.16.5.26)第5代会長
利根 忠博氏
(H.16.5.27〜)

社団法人 浦和法人会 50年の沿革

昭和26.7.12 浦和税務協和会として発足



 初代会長 長島恭介氏就任



29.8.13 浦和法人会に改称



29.10.22 全国法人会総連合の設立に伴い全法連に加盟



29.11.11 埼玉県法人会連合会の設立に伴い県法連に加盟



33.8.20 浦和法人会、与野法人会の連合会として、浦和地区法人会連合会が設立



39〜40年 朝霞・志木・和光・新座の各法人会が浦和地区法人会連合会に加盟



51.6.18 社団法人浦和法人会創立総会



51.9.11 関東信越国税局より社団法人浦和法人会の設立許可書交付



51.10.12 (社)浦和法人会設立記念式典



54.5.9 (社)浦和法人会青年部設立総会



56.9.17 (社)浦和法人会創立30周年社団化5周年記念式典



57.5.26 第二代会長 大木恒四郎氏就任



59.11.16 (社)浦和法人会婦人部設立



61.5.23 (社)浦和法人会社団化10周年記念式典



62.5.18 第三代会長 伊地知重威氏就任



63.5.24 浦和税務署分割に伴い朝霞・志木・和光・新座地区を分離



平成元6.16 (社)浦和法人会青年部創立10周年記念式典



3.2.7 平成2年度モデル法人会研究発表



3.11.27 第1回「ナイス!法人会‘91会員の集い」



6.2.3 (社)浦和法人会青年部創立15周年記念講演会



6.11.12 地域社会貢献活動事業「カルチャー&TAX Part1」



8.2.14 (社)浦和法人会女性部会創立10周年記念式典



8.11.10 (社団化20周年記念行事)(社)浦和法人会「ナイス!法人会‘96会員の集い」・地域社会貢献活動事業「カルチャー&TAX」



8.11.19 (社)浦和法人会社団化20周年記念式典



9.5.21 第四代会長・野重彦氏就任



9.9.7〜14 第1回海外研修(社団化20周年記念米国東海岸とフロリダ8日間)



10.9.16〜17 「役員合同研修in軽井沢」・第1回軽井沢セミナー



10.10.2 (社)浦和法人会青年部創立20周年記念式典



12.10.19 第18回法人会全国大会「さいたま大会」開催(さいたまスーパーアリーナ)



13.11.11 (創立50周年記念行事)地域社会貢献活動事業「カルチャー&TAX」



13.11.21 (創立50周年記念行事)(社)浦和法人会「ナイス!法人会2001会員の集い」



16.5.27 第五代会長 利根忠博氏就任


 
社団法人 浦和法人会 組織図

組織図